2048-無限ゲームの遊び方詳細とコツ

2048-無限ゲームの遊び方コツについて。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

遊び方

2048-無限ゲームは、「数字を縦横にスライドして重ねて…」とありますが、もう少し詳しく、具体的な場面ごとに見てみます。

同じ数字のタイルを重ね合わせる

最終的には…

縦横上に同じ数字がない場合

スライドは途中では止まらない

あえて同じ数字を重ねない

同じ数字のタイルを重ね合わせる

2048-無限ゲーム、基本中の基本の操作。同じ数字のタイルをスライドして重ね合わせる。

例) 1段目、左から2マス目の「2」をスライドさせて、一番右の「2」と重ねる。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

すると…

1段目、一番右のマス目は「4(2+2)」になる。

4段目、一番左のマス目にあった「2」が連動してスライドし、一番右のマス目まで移動する。

2段目の一番右のマス目に「2」が新たに出現。新たに出現する数字は「2」と決まっているが、どこに出現するかは予測不可能。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

最終的には…

「1024」と「1024」を重ねて「2048」になったら卒業。

※早く「卒業」すると、スコアはあまり伸びない。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

縦横上に同じ数字がない場合

タイルは斜めには動かせない(縦または横のみスライド可能)。

縦横上に同じ数字がない場合は、任意のタイルを空欄のマス目に動かす。

例)4段目、一番右の「4」を上に動かしてみると…

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

「4」は「8」の下までスライドする。

また、2段目、左から2マス目にあった「2」が連動して上に一つ移動。

さらに、左下隅に「2」が出現。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

スライドは途中では止まらない

タイルをスライドさせた時、タイルが止まる位置は法則に支配され、任意の場所で止めることはできない。

※これらの法則は、連動してスライドするタイルについても妥当する。

法則1:同じ数字に吸収される

スライド先、最初にぶつかるタイルが同じ数字の場合、そのタイルの場所で止まり、数字が倍になる。

途中のマス目でストップすることはできない。

法則2:異なる数字と隣接

スライド先、最初にぶつかるタイルが異なる数字の場合、そのタイルと隣接するマス目で止まる。

途中のマス目でストップすることはできない。

法則3:枠内の端

スライド先にタイルがない場合、端のマス目までスライドする。

途中のマス目でストップすることはできない。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

あえて「同じ数字を重ねない」

縦横上に同じ数字のタイルがあったからといって、必ず重ねなければいけないわけではない。

あえてスルーする手もある。

「コツ」参照

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

コツ

2048-無限ゲームのコツは、以下の3点。

数字を集める列(基本列)を決める

マス目の序列と数字集めのルート

基本列では空白のマス目を作らない

基本列を決める

手詰まりにならないためには、数字を集める列(基本列)を決め、ひたすら、基本列に向かってタイルを流して行く。

※右端または左端の列。感覚的には、右端の列を基本列にするのが自然か

右端列を基本列にすると決めたら、同じ数字のタイルは、右方向に流して重ねる。左方向には流さない。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

マス目の序列と数字集めのルート

右端を基本列にした場合、その右端の列と隣の列のマス目に序列を作る。

右上が1番、その一つ下が2番…といった具合に、大きな数字が右上から順番に並ぶように数字を集めていく。

当然、序列の下のほうから数字を集めるほうが簡単で、しかも、スムーズに数字を大きくしていくことができる。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>

基本列では空白のマス目を作らない

基本列の中に空白のマス目ができた時、何はともあれ、その空白のマス目を埋めることを優先する。

でないと、他の列と連動して序列①番のタイルが②番や③番に移動し、その瞬間に序列①番のマス目に「2」が出現しないとも限らない。そうなると厄介。

今すぐ2048-無限で遊ぶ(ブラウザ上で動く・完全無課金)>>